乾燥肌に悪い化粧品とは

おしなべて、化粧品は普通肌を念頭に、各種の美肌成分が配合されています。
メーカーに悪気はないのでしょうが、乾燥肌に悪い化粧品が存在するのは事実です。

 

乾燥肌に悪い化粧品として、やり玉に挙げられるのが、保存料や防腐剤などの成分です。
化粧品は未開封の状態では無菌であっても、使っているうちに指や空気を通して、少しずつ雑菌が繁殖していきます。
それを防ぐのが保存料や防腐剤なのですが、乾燥肌には刺激が強いものが多いのが現状です。

 

また、見た目を良くするために使われる合成着色料が入ったものも、乾燥肌に悪い化粧品である可能性があります。
成分表示に「D&C」とか「FD&C」などと書いてあるのがそれで、刺激が強いものが多く、乾燥肌にはキツイかもしれません。中には発がん性を疑われている成分が入っているものさえあるので要注意です。

 

参考
※避けておきたい界面活性剤(独自調べ)
合成界面活性剤 ステアラミド
陽イオン界面活性剤 セチルピリジニウヌクロリド  
陽イオン界面活性剤 セポリクオタニウム
陽イオン界面活性剤 ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン
陽イオン界面活性剤 塩化メチルロザニリン
陽イオン界面活性剤 カチオン化○○○  
増粘剤・陽イオン界面活性剤 クオタニウム○○○
石油系界面活性剤

使用中に肌トラブルがおきたら?

加えて、乾燥肌に悪い化粧品には、合成香料入りのものも該当しそうです。
しばしば「香料」と、一括して成分表示されることが多いのですが、乾燥肌には何がアレルゲンとなり得るか、分かったものではありません。
不安であれば、メーカーに詳細を問い合わせる行動力が必要になります。

 

もっとも、乾燥肌に悪い化粧品を使ったら、瞬時に肌荒れになるというのはレアケースです。
お試しサンプルでは大丈夫でも、使っているうちに肌に悪影響が及ぼされることはままあります。
以前のような白斑問題にまで発展することは、は滅多にないことではありますが、使用中でも肌トラブルが発生したら、使用を中止して様子見をするのが賢明です。
それでも改善が見られなければ、皮膚科で診てもらうと良いでしょう。