春の陽気の中でも乾燥肌の危機が

春になって陽気が良くなったから、乾燥肌の危機は過ぎ去った、と思いがちです。ですが、そうは問屋が卸さないことは、経験者なら誰しも知るところです。

 

世間でのイメージとは裏腹に、春の肌トラブルの大きな原因には、空気の乾燥が第一に挙げられます。乾燥肌の人には、冬に引き続いて、保湿ケアが必要です。

 

春になると、気温がぐんぐんと上昇し、一気に活気づいたような雰囲気になってきますが、1日の中で気温差が大きい季節でもあります。それでいて、湿度は低い状態が続くので、乾燥肌には、冬とは違った意味で、過酷な季節であると言えるのです。

 

また、春は紫外線の量が多くなり、肌ダメージとなって、乾燥肌を悪化させる原因となります。夏と比較すると油断しがちですが、UVケアはやはり必要です。

ホルモンバランスも春の乾燥肌の原因

その他には、春は体調が変化しやすく、ホルモンバランスが乱れやすくなり、引っ越しや就職などで生活環境の変化が多い季節でもあります。
過度のストレスも、乾燥肌の原因になり得ますが、いずれも補足的な原因に過ぎません。
メインは、乾燥と紫外線、これに尽きます。

 

保湿ケアは、肌の乾燥を防ぐ上で、冬のスキンケアの基本ですが、春になっても同様の保湿ケアが必要になります。
化粧水で水分を与えたら、美容液で潤い成分をキープ。仕上げに、乳液やクリームで、肌にキッチリとフタをし、潤い分の損失を最小限にとどめるのが基本的な流れです。

 

ところで、何かと気分を一新する機会が多い、この時期はなぜか、化粧品メーカーが新製品をどっと投入するきらいはあるようです。
うららか陽気にほだされて、ついサッパリ系に手を出したくなりますが、乾燥肌には保湿ケアが、揺るぎない鉄則です。