湿度が高い夏でも乾燥肌に

秋冬はもちろんのこと、夏でも乾燥肌がひどくなるという人は少なくありません。どちらかといえば、汗かきの方なのにと不思議に思う人は多いようですが、その汗にこそ根本的な原因が潜んでいるのです。

 

夏は高温多湿となるとはいえ、今どきの日本では、室内、車内、電車内、どこへいっても冷房がガンガン効いています。外で大量に汗をかいた状態で、室内に入ると、汗がどんどん引いていく過程で、肌の潤い成分までが奪い去られていくので、乾燥肌を進行させる原因ともなります。

 

その上、乾燥肌の人は、肌のバリア機能が低下しているので、汗であせもなどができやすい傾向があります。夏に大量に汗をかいたら、なるべく早く汗を拭きとることが必要です。

 

男性に多いようですが、ゴワゴワのタオルで、汗をゴシゴシとふき取るのはNGです。乾燥肌はデリケートなので、角質層が刺激でかんたんに傷付いてしまいます。ふく時は、汗をタオルに吸い取らせるように、やさしくそっとがコツです。

夏の紫外線も乾燥肌の原因

また、クリームを塗って、肌に膜を作るのも、有効な乾燥対策になります。
普通肌であれば、適量の皮脂が肌をほぼまんべんなく覆い、汗をかいても皮脂膜の上を流れていくだけです。

 

ところが、乾燥肌であると肌のバリア機能が弱いので、皮脂膜の形成が不十分になり、夏は特に、汗が流れにくく、たまりやすくなります。そこで、油分のあるクリームを塗って、バリアの不足を補おうという訳です。

 

さらに大量に降り注ぐ紫外線にも要注意です。乾燥肌は外部刺激に敏感なので、日焼けやシミなどの肌トラブルが、人よりも発生しやすいのです。夏こそ保湿ケアに加え、日焼け止めなどでUV対策も同時進行で進める必要があります。