秋の乾燥肌は夏のツケ?

秋は、夏と冬の間にあって、気温・湿度の変化が大きい季節であり、体の方も、その変化についていこうとして必死です。
乾燥肌は外部環境の変化に敏感なので、より注意が必要なのは言うまでもありません。

 

秋になると、肌が乾燥してカサカサ、ゴワゴワしてくるなど、乾燥肌のトラブルがひどくなるという人は、一つには夏の紫外線を大量に浴びたことによる後遺症が原因です。紫外線により表皮細胞がダメージを受け、角質層に機能不全の細胞が増加した結果、肌のバリア機能、保湿機能が、確実に低下してしまいます。

 

紫外線の影響では、色素沈着も大きな問題です。普通肌なら、紫外線の減少に伴い、夏に大量に生成されたメラニンは、新陳代謝で次第に排出されていきます。ところが、乾燥肌では代謝機能が不完全で、夏に生成されたメラニンが残存しやすくなり、秋になってシミなどとして、夏のツケを払わされる格好になるのです。

秋のうちに備えておきたい乾燥肌対策

加えて、秋になると、皮脂の分泌量が減少し、皮脂膜の形成が不十分になるので、外部刺激に対する抵抗力が弱まり、乾燥肌に拍車をかけます。また、夏と比較して発汗量が減少することも、肌の乾燥を推し進めることになります。

 

また、秋になると、化粧品を変えた訳でもないのに、肌がかぶれたりなどのトラブルに悩まされる向きは多いようです。乾燥肌だからという他に、夏が過ぎて体調が変化していることも、大きく関係しています。

 

夏の間に作った肌ダメージは、放っておくと、肌老化の原因にもなります。冬と比較すればまだしもマイルドな環境下にある秋のうちに、保湿ケアに努めるなどして、肌の健康度をアップさせ、冬が来る前に万全の構えで臨みたいところです。