冬は乾燥肌の最盛期

乾燥肌は、冬のものとのイメージは強いのですが、実際に多くの人が悩んでいます。ひどくなると、かゆみが止まらなくなり、かき過ぎて肌が炎症を起こすなどのトラブルにも発展しやすくなるのです。

 

寒くなると、乾燥肌がひどくなるというのは、1つには血行の悪化が挙げられます。冬になって気温が下がると、体温の低下を防ごうとして、血管を収縮させます。寒くなると、手足がかじかむのは、血行悪化が大きな原因です。

 

血行が悪化した結果、手足の末端部分などへの血流が減少し、健康な肌を創るための栄養が十分に行き渡らなくなります。すると、皮脂分泌や発汗量も減少してしまうので、肌の乾燥の度合いをさらに進めてしまいます。

冬の乾燥肌ケア

乾燥肌のケアは、冬は特に保湿剤を塗るなどして、保湿ケアに努めることが第一です。
保湿剤は日常的に使うべきものであるので、購入の際、必要とあらば薬局で相談したり、通販であれば問い合わせをしたりなどして、保湿効果が高く、かつ使い心地の良いものを選び取りたいものです。

 

乾燥肌の初期段階であれば、保湿ケアで十分に効果を挙げられますが、冬の乾燥で、我慢できないほど、かゆみがひどい場合は、塗り薬を使うなど対症療法が必要になります。皮膚科へ行くと、ステロイド薬が処方されることがありますが、医師の指示に従い適切に使う分には、効果的に肌トラブルを治してくれます。

 

また、体の洗いすぎも要注意です。冬は元々皮脂分泌が少ないので、洗い過ぎは潤い成分でもある皮脂の損失を加速させます。洗浄剤の成分も、肌に害になることがあるので、乾燥肌では、洗顔は1日2回までが適当で、それもゴシゴシとではなく、優しく洗うのがポイントです。